「介護 資格 種類」カテゴリーアーカイブ

介護資格の主な種類(相談援助、介護、ケアマネジメント等)について

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護の仕事に必要な最低限の知識と技術、そして思考プロセスを身につけて、基本的な介護業務を行えるようになるための研修制度です。

かつてのホームヘルパー2級(訪問介護員2級)にあたる研修資格となり、厚生労働大臣が定めた基準に基づき都道府県が指定した事業者が実施する130時間の研修を受講するようになりました。

実務経験は不要で誰でも受講することが出来ます。
介護系の職種に就くのであれば、まず最初に受けておくのがよいかと思います。

▼研修科目と研修時間数
1. 職務の理解 6時間
2. 介護における尊厳の保持・自立支援 9時間
3. 介護の基本 6時間
4. 介護・福祉サービスの理解と医療との連携 9時間
5. 介護におけるコミュニケーション技術 6時間
6. 老化の理解 6時間
7. 認知症の理解 6時間
8. 障害の理解 3時間
9. こころとからだのしくみと生活支援技術 75時間
10. 振り返り 4時間
合計 130時間

介護 資格 種類

介護の資格は、大きく分けて国家資格と民間資格の2つがあります。

代表的なものは以下のとおりです。

  1. 国家資格・・・国や国が委託する団体が認定する資格です。
    • 介護福祉士(国家資格)
  2. 民間資格・・・民間の団体が独自に設定している資格
    • 介護職員初任者研修
    • 介護職員実務者研修
    • 障害者(児)ホームペルパー
    • ケアマネージャー(介護支援専門員)
    • 主任介護支援専門員(主任ケアマネジャー)
    • 相談支援専門員
    • サービス管理責任者